ようこそ!ご訪問を心より感謝申し上げます!

◇ 2階建32坪タイプ⑤(東玄関 片流れ)【全筋違】)

外装材は参考までに。屋根形状や勾配を変更する等、外観のデザインを変更することは可能ですが、その場合は各耐震チェック項目を再計算して安全を確認しなければなりません。
建築面積61.27㎡(18.50坪)、床面積105.16㎡(31.75坪)、施工面積107.64㎡(32.50坪)
建物寸法:X方向×Y方向(mm) 8190×9100 基準寸法(M):910mm
4LDK、シューズクローク玄関、リビング階段、(ロフト・小屋裏収納可)

このようなデザインの場合の留意点は、緩勾配屋根からの輻射熱を防止する為の高断熱施工と雨音対策です。また、緩勾配屋根やバルコニーの排水口に木の葉などが詰まってしまい、全体が雨水でプール化してしまうことがありますので、必ずオーバフロー用の排水管を壁に取り付けることを忘れないようにしましょう。

全ての耐力壁を筋違で構成した場合の耐震チェックポイントの計算結果

◆ 平面図と外観パース モデュール(基準寸法):910mm  筋違:45×90


1階平面図

2階平面図


外観パース

1.柱の直下率 クリアしなければならない数値:50%以上

2.間仕切直下率 クリアしなければならない数値:60%以上

3.耐力壁直下率 クリアしなければならない数値:50%以上

4.耐力壁量計算 X方向・Y方向共に設計壁量の合計 > 必要壁量(床面積・見付面積)


5.耐力壁偏心率計算 1階、2階の各Xe・Yeの数値を限りなく0に近づける 許容値:0.15以下


タイトルとURLをコピーしました