ようこそ!ご訪問を心より感謝申し上げます!

◇ 図面データをより有効に活用する方法

◇ CADデータのDXF変換という選択

当サイトを上手に活用していただく方法として、次のような事が考えられます。

  1. 掲載されている間取りの中から、気に入った間取りをコピペして、打ち合わせの初期の段階から、依頼先の設計事務所や工務店等(以下業者という)に手渡すことで、建物イメージの全体像を、口で説明するよりも的確に理解して貰えますので、打ち合わせがとてもスムーズに運ぶ利点があります。この意味合いはとても大きいと思います。
  2. 耐震設計された間取りを打ち合わせテーブルに置くことで、「私は耐震を考慮した住宅に強い関心があります」という意思表示を業者に伝えることになりますので、その方向で打ち合わせが進行することで、家に対する安心感が得られます。

しかしながら、業者に提示する間取りはあくまでペーパー画像ですので、業者が図面化するには、提示された間取り(画像)を見ながらCADに改めて入力する必要がありますので、打ち合わせの準備に、そこそこ時間が掛かってしまいます。
場合によっては、入力ミスや細部のところの理解不足等で、思いと違った結果が生じることも考えられます。

そこで、これらを解決する為の一つの方法として、DXFファイルへの変換が考えられます。

▼ DXFファイルへの変換の主旨について

現在、殆どの設計事務所もしくは工務店等の施工業者においては、IT化が急速に進んでいます。その一つとして、業務の省力化や効率化・迅速性を目的に、パソコンにAutoCADやJw_cad等のCADソフトがインストールされていて、図面管理はもとより、積算などのデータ管理に利用しています。

そこで、これらの言わば業者の環境を活用して、建築予定のお客様と業者との間で、図面等のCADデータの橋渡しをすることで、よりスムーズな打ち合わせの支援をしていこうというのが主たる趣旨になります。

▼ CADデータをDXFファイルに変換するメリット

DXFファイルとは?
さまざまなアプリケーション間でデータをやりとりするのに使用される図面交換ファイルです。多くの場合、他のCADプログラムとの間で図面データを共有するために使用されます。

このサイトに掲載されている物件の各図面等は、元々のCADデータをウェブ用に画像処理したものです。
そこで、この元々のCADデータをDXFファイルに変換して、打ち合わせ用に活用することで、業務の省力化を図ろうというのはもちろんですが、何よりも、建主の住まいに対するイメージが的確に伝わり、良く耳にすることですが、「こんなはずじゃなかった」なんていうイメージの違いによるトラブルを、最小限に抑えられるという大きなメリットがあります。

考えられる概略の流れは以下のようになります。
気に入った図面が見つかりましたら、ここで該当する物件のDXFへの変換を申し込んでいただき、お手元に届いたzipファイルをSDやUSB等に保存して、建築を依頼している業者にデータを手渡します。
打ち合わせをスムースに進める手段として活用できるようになりますから、とても便利です。

つまり、気に入った物件を、業者にCADデータ(DXFファイル)として手渡すことで、的確なイメージの伝達ができますし、もし変更したい箇所がある場合でも、PCでの加筆修正等いろいろな編集が出来ますので、打ち合わせ時間の大幅な短縮が計れます。

▼ 掲載図面をより積極的に活用する方法のまとめ

このサイトに掲載されている図面の活用方法をまとめますと次のようになります。
・建主様の活用方法

  1. このサイトの気に入った図面をコピーして業者に渡す ⇒ 業者側で画像図面を見ながら入力 ⇒ 打合わせ続行
  2. このサイトで気に入った物件のDXFへの変換を申し込む ⇒ 届いたzipファイルをSDやUSB等に保存 ⇒ 建築を依頼している業者にデータを手渡す ⇒ 打合わせを進める(推奨したい案です)

建築業者様に於いても大いに活用する方法がありますが、ここでは省略いたします。

▼ DXFへの変換サービスについて

もしご要望が多ければ、DXFへの変換サービスをご提供できればと考えております。
木造住宅耐震設計に関するアンケートの最下部に、上記のようなサービスがあった方が良いかどうかの有無を問う項目がありますので、お答えいただければありがたいです。有無の状況を見て、サービスを開始するかどうかを検討しようかと思います。どうか宜しくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました