こんなの見たことない!部屋に飾りたい!欲しい!

ソファ/ベンチ

◇【ブレイドソファ】後ろ姿の美しいソファ

背面の使用が特徴的なソファです。背面に並んだ細木とペーパーコードを編み込んだ肘掛けは、古典的な竹建築と畳の模様に影響を受けデザインされました。加えてボルグ・モーゲンセン、ハンス・ボーリング、フィン・ユールの傑作をイメージしながら、伝統的なデンマークの職人が作る家具の要素を組み合わせています。深く低いソファは広くゆったりとした雰囲気のために創作されており、背面の美しい構造は壁面に沿って置いても、空間の中央に置いても完璧な印象です。何より、背面が美しい事でホームコーディネートの幅を広めてくれる上品なソファです。

◇【オフィチーナ ベンチ】鍛造フレームが特徴的なベンチ

ウッドとスチールの美しい組み合わせが特徴的なベンチです。現代の家具にはほとんど使われない手法、鋼鉄を叩いて成形する鍛造でフレームが作られています。プライベートにも公共シーンにも使いやすいベンチに仕上がっています。インダストリアルで質感豊かなフレームが、コンテンポラリーな椅子のシルエットに新鮮なコントラストを生み出しています。存在感がありつつ、エレガント。どんなインテリアにも沿う絶妙なバランス感が魅力です。

◇【Bench Box】

ベンチ、収納、サイドテーブル、3つの機能を持つ家具 Bench Box。シンプルなボディに温かみのある木部をアクセントとし、どんなシーンにもマッチするデザインです。もちろん使い方はあなた次第、リビングでちょっとした小物を収納しつつベンチとして、子供部屋でおもちゃを収納しつつサイドテーブルとして、取っ手とキャスターが付いているので、移動も簡単です。すぐに取り出せるちょっとした収納に実に便利なベンチです。

◇【ウィングオットマン】プレミアムビーズファニチャーとマッチするクッション+オットマン

円形のフォルムが合わせやすい、クッション+オットマンです。プレミアムビーズファニチャーとマッチするデザインで、シングルソファにより上質なくつろぎを提供してくれます。上部のジッパーを外せばクッションを分離でき、床や畳に座るスタイルで便利にご使用いただけます。たっぷりビーズが詰まっているので一般的なビーズクッションと異なり、型崩れなどの心配がありません。

◇【クロボベンチ】Torbjorn Afdal による名作ベンチ

シンプルながら特徴的なディテールを持つベンチです。1960年に彼がデザインしたこちらは、自由度が高く、ベンチとして以外にも飾り棚やソファテーブルなどとしてもお使いいただけます。ノルウェー人デザイナーの中でも、実績、知名度ともにもっとも高いと言われるTorbjorn Afdal(トールビョン・アフダル)のデザインは、ホワイトハウスや皇居にも納品されています

◇【パピーベンチ】可愛らしいドッグモチーフのベンチ

子犬のかたちのベンチです。犬の背中(座)の下に収納スペースがあり、CDや本等が収納できます。玄関で使えば靴を履く時のベンチに使えたり、犬の散歩グッズ(リード・レインコート・おもちゃ等)をかわいく収納できます。

◇【アヴァター】ベッド未満、ソファ以上、体のラインにフィットしたパーソナルビーズソファ

体の曲線をそのままソファに落とし込んだようなデザインが特徴の一人がけビーズソファです。このソファに座って、ほどよく脚を座面のアーチにゆだねて、映画やテレビを見始めたら、もう起き上がれないかも知れません。背中と腰をしっかりサポートしながら脚を投げ出せるこの態勢は、ふつうのソファにはないリラックス感を与えます。読書をしたり、iPadを見たり、お昼寝するのにもぴったりです。一般的なビーズクッションとは全く異なり、どっしりと厚く、しっかり成形されたクッションは長時間座っていても疲れません。

◇【ナイーブベンチ】シンプルに小ぶりに包むこまれるベンチ

極めてシンプルなフォルムながら、優しい印象を与えてくれるベンチです。アッシュ無垢材のしっかりとした構成で、ウッドモデル、ファブリックモデルの展開です。ウッドとファブリックの美しい組み合わせは、一連の流れを崩さずにより一体感のある仕上げです。単にねじ込めるように設計されたウッドパーツで構成されているので、簡単にフラットパックにして移動が可能です。Naiveシリーズとの相性はもちろん、単体でも美しいコーディネートが可能です。

◇【バタフライソファ】ビーズソファを超えた極上のソフトファニチャー

包み込まれる座り心地が特徴の一人掛けビーズソファです。一人で持ち上げられるほど軽いのに、蝶が羽をひろげたような背もたれが体をしっかり支えるので、ゆったりもたれるのもよし、姿勢良く座るのもよし、時には寝転がるように身をあずけるのもよし。高めの座高をキープできるので、立ったり座ったりが容易です。一般的なビーズクッションとは全く異なり、どっしりと厚く、しっかり成形されたクッションは長時間座っていても疲れません。多彩なカラーから選択できるのはもちろん、日本の住宅を考え、デザインと使いやすさを両立させています。