こんなの見たことない!部屋に飾りたい!欲しい!

スツール

◇【チャンプ】スツール、サイドテーブル、ドリンククーラー

コルク栓のような印象が特徴的なスツール、サイドテーブル、ドリンククーラーです。すべての使用状況において無理のないバランスの良いデザインです。本体のカラー3種、フタの素材3種、クッションカラー5種から組み合わせてお使いいただけます。45cmのシート高も使いやすいサイジングです。フタの内部は氷を入れてドリンククーラーとして、また普段はブランケットや小物などを収納するのに丁度よいスペースです。インドア、アウトドアどちらでも使える通年通して活躍してくれるグッドデザインでです。

◇【スツール S-3000 シリーズ】ホテルニュージャパンのバーラウンジの為の籐製スツール

美しくラグジュアリーな印象の籐製スツールです。1960年、近代的なホテルの先駆けとなったホテルニュージャパンのバーラウンジの為にデザインされたLounge Chair C-3150のシリーズです。このシリーズは当時の「籐は夏向けで東南アジアの安価な家具材である」というイメージを払拭し、細かい編み方やディティールの美しさによって、洗練された日本的なプロダクトとして高く評価されてきました。座面の中央に作られたくぼみなど表情が豊かで職人が手編みでつくる温かみを感じます。

◇【スミス スツール/ストレージ】キャスター付きスツール x 収納

従来の家具にはなかった全く新しいタイプの家具であり、仕事と家庭の両立が必要な現代のニーズによって開発されました。Daneseにより提案するこの家具は複合的で用途が広く、ユーザーによって様々な使用が可能となります。ワゴン、本棚、サイドテーブル又はスツールでもあります。さらに床に転がした単体での使用だけではなく、テーブルに引っ掛けたり、複数個を積み重ねて使用することもできます。必要の無いときはテーブルに引っ掛けておいて、スツールとして使用したり、どんな生活環境にも便利なモノとして活躍してくれます。

◇【エフ2エーヌード】軽量で軽快なスツール

コンパクトで軽快な印象が特徴のスツールです。1.4kgと軽量の為、持ち運びが容易で、あらゆるシーンに活用できます。名前の由来はFからAへという意味で、分解時にはF型の脚が、組み立てるとA型になるということからきています。サイドテーブルとして使用したり、玄関で靴を履くときのスツールとして使用したり、使い方、コーディネートが自由自在です。

◇【パヘコ スツール】オブジェのように使える多目的スツール

ユニークなフォルムが特徴的なスツールです。3種類の異なるフォルムは、上下を逆さまにしても使えて全5色のジョイントリングの色指定ができますので、豊富なカラーパターンの展開です。本体はホワイトまたはブラックのポリプロピレン製で、軽量ながら極めて丈夫なので、屋内・屋外問わずさまざまな用途にお使いいただけます。

◇【ウルムスツール】時にはスツール、時にはサイドテーブル

極限までにシンプルなコの字型のスツール/サイドテーブルUlm Stoolです。どんな空間でもスツール、サイドテーブル、スタッキングシェルフ、マガジンラック、横棒を取っ手にして何かを運ぶなど、多目的な要素がデザインに集約されています。いつでもどこでも何かの使い方がある、無駄のない傑作デザインです。ナチュラルは経年変化も楽しめ、長年愛用できます。

◇【オトナ/コドモスツール】フェルトとヒノキのスツール/テーブル

フェルトとヒノキの使いやすいスツール/テーブルです。フェルトは取り外して水洗いが可能です。Kodomo Stoolと合わせると、Otona Stoolはこども用のデスクとしても使用可能です。フェルトとヒノキの温かさ、優しさが存分に感じられるデザインです。

◇【ダブテールスツール】究極に美しい継ぎ手

極めて美しい継手を持ったスツールです。3本脚と4本脚の2タイプの展開です。デザイナーのStaffan Holmはこの座面と脚のつなぐ継手が、人類が追い発見してきた多くの継手の中でも、彼にとって最高の美しさ以外の何物でもないと語ります。彼にとっての最高の美しさを目指したスツールです。座面の緩やかなカーブは心地より座り心地を提供し、選べる脚のデザインは空間のバランスにマッチさせることが出来ます。

◇【アカプルコスツール】メキシコ発、リゾートチェアの代名詞。スツールバージョン

メキシコ発、リゾートチェアの代名詞。スツールバージョン。スチールのフレームにPVCコードを巻きつけたシンプルな構造で、メキシコのクラフトマンたちの手でひとつひとつ丁寧に作られています。PVCコードの特性でもある柔軟性によって生まれる、座り心地の良いスツールです。ベランダやテラス、プールサイドなどアウトドアシーンでの使用はもちろん、屋内ではラウンジチェアとしてもお使いいただけます。

◇【ナイーブオットマン】シンプルに小ぶりなやさしいオットマン

極めてシンプルなフォルムながら、優しい印象を与えてくれるオットマン/スツールです。包み込まれるような感覚のNaive Low Chairとの相性も素晴らしいデザインです。ウッドとファブリックの美しい組み合わせは、一連の流れを崩さずにより一体感のある仕上げです。簡単にねじ込めるように設計されたウッドパーツで構成されているので、簡単にフラットパックにして移動が可能です。しっかりとマッチする同シリーズのNaive Trayもオプションで追加が可能です。

◇【ナードバースツール】魅力的な曲線の組み合わせ。スツールバージョン

背面のパーツを座面に差し込むという特徴的な機構をもつNerd Bar Stoolです。ユニークなフォルムを持ちながら、素材や製造方法に関しては伝統的なスカンジナビアの手法を採用しています。オーク材を使用して、絶妙な曲線が美しく交差する軽快なデザインです。どの角度から見ても木目の美しさも十分楽しめるバランスの良いチェアです。