作家 川北町二の魅惑世界

ある老婦人の物語

◇ 女一人

幾つもの山を乗り越えて 幾つもの川を流されて とうとうここまで来てしまった 夜の侘しさ 朝の虚しさ 幾度となく巡り巡って日々が去り ひとときの 心の安らぎ求めんと 涙の数だけ 織りたたんだきた紙細工

◇ 折り畳んで来た悲しみ

しばし縁に腰掛けて、その老婦人の身の上話を聞かされました。とても身につまされる話でした。今日までお嫁にも行かず、独身を貫いてきたそうです。一人の女として80歳になるまでの、数々の苦労話を涙ながらに語ってくれました。私も思わずもらい泣きするところでした。

◇ 誘惑

先日、仕事場近くの角の家で、一人のおばさんが一生懸命花の手入れをしたり、水をやっていました。私は思わず、デジカメ片手に、「おばさん精が出ますね。綺麗な花が一杯ありますね」 と声を掛けました。そしたら、そのおばさんは、にっこり笑って嬉しそうな顔をしました。私が、 「このお花の写真撮ってもいいですか?」 と聞いたら、とても喜んでくれました。
【天使のささやき】をフォローする
タイトルとURLをコピーしました