長いようで短い人生。心に響く感動と共に生きれたら……。

写真詩

写真詩
花の写真(6篇)、山の写真(1篇)、海の写真(2篇)、空の写真(3篇)、街の写真(3篇)、人の写真(5篇)計20篇のそれぞれの作品に言葉を添えています。

◇ 人-3

勝負ごとは、相手があって成り立つ。だから、相手には尊厳をもって接し、心から感謝の気持ちを持つようにしましょう。

◇ 海-2

待っててよこの舟に乗ったらすぐ逢えるから

◇ はじめに

デジカメの腕が悪くて被写体には申し訳ないような気がしています。(笑) なんとか言の葉でカバーしようとしたつもりですが

◇ 空-3

暗くなる前に明かりをつけて

◇ 花-2

あなたに逢ってあんたに触れて

◇ 山-1

山に宿る神々に我が運命のいかばかりかを尋ねる

◇ 人-5

何だかんだと言っても、人は所詮一人で生きていかなければならないのです。人は常に周りに生かされているのだから家族や親類や知人・友人対して、深い絆を感じ、惜しみない思いやりを持つことはとても大切なこと。

◇ 街-3

微かに聞こえる潮騒の唄

◇ 花-1

あなたの微笑みが私の心を癒してる

◇ 街-1

この町の何処かで私を待ってる人がいる

◇ 街-2

形が街を彩る緑が街を癒す

◇ 花-6

うぶなあなたの柔肌にほんのり染まりし切なき色香

◇ 花-4

紫陽花の色香に引かれそっと触れ

◇ 花-3

もうすぐ夏だらららもうすぐ夏だ

◇ 人-1

あなたは何処を見つめているの?

◇ 空-2

私はあなたの愛に照らされて

◇ 空-1

照りつける太陽焦げ付く大地

◇ 人-4

こんな複雑な世の中で自分に正直に生きることの難しさを痛感しています。ふと、こんなことを思い出した。

◇ 人-2

アレッ ない! バッグの中にいれた筈なのに えっ!? まさか! 何処かに置き忘れてきた? あなたとの楽しい想い出 わたしの大切な『幸せという宝物』なのに

◇ 花-5

散りゆく花の悲しさをそっと隠して

◇ 海-1

往くもよし來るも良し時を刻んでただひたすらに
【ときめき浪漫】をフォローする
error: 申し訳ありません!右クリックは出来ません。
タイトルとURLをコピーしました