長いようで短い人生。心に響く感動と共に生きれたら……。

ポエム

ポエム

◇ 東風の恋路

開聞を背に浮かぶ箱船光る潮原 香る潮風見渡せば群れ踊る魚たち指さす彼方桜島燃えて焦がしてわが胸に

◇ 風にひらひら

木の葉が風にひらひらなびかせてほんの端っこ小枝にくっついたまだまだ踏ん張りたいとしがみ付く

◇ 真夜中のメロディー

ときめきが時間を止めて 二人だけの心模様夢が天から舞い降りて 眠れぬ夜になればいい心せかされ何語ろうか 心はしゃいで夜が微笑む涙で聴いたおやすみの曲 ああ君は僕の天使

◇ 公園の少女

公園の右手の大きな木の下にベンチが二つ手前のベンチでは老夫婦が談笑している向こうのベンチには 犬を連れた 中年の女性が汗を拭き拭き いかにもだるそうな顔で 座っている

◇ 慕情

ぽっかり開いたこの胸で ヒューヒューと鳴る隙間風耐えきれない寂しさ どうしようもない切なさ鼓動が止まる 記憶が消える時の刻みとともに 想い出は遠い彼方引き戻す力はか弱く 戻って来いと叫ぶ声はか細く止めど流るる 慕情の涙

◇ 待ちわびた春

待ちわびた春ほら名残雪の間から小さな花が芽を出してもうまぶしい空に向かってる果てしなく広がる夢乗せて

◇ 塩入橋情話

ねじめ雄川おがわの夕霧にかすんで浮かぶ面影よ赤い欄干恋路の旅か立てば見えるよ聞こえくるもぜかあの子のささやき吐息抱いて離さぬもう二度と死ぬほど好きな人だから

◇ はじめに

ここに演歌ならぬ「忠恕蕩々の歌」と題して、私自身が作詞するには、あまりにも筆力のなさを感じながらも、ただ好きだから、ただ書きたくなったから、それだけのことで、恥も外聞もかなぐりすてて、挑戦してみようという自分の勇気をほめたい気持ちであります。

◇ 君に夢中

君の奏でる歌声は天使のようで君のささやきは甘い香水のよう目を閉じると すべてが君に向かいああ 僕はいまさらに 君に夢中

◇ 心

心 それは不可思議 こころ それは摩訶不思議 時には綺麗に 時には汚く そして 時にはたくましく 時にはか細く  心は自分を写す鏡と人は言う

◇ これさえあれば

小さな船に ゆらゆられ流し流して 流し網獲物なんかはどうでもいいよ俺にはこれが 一番さ手にもつ焼酎 波の上かあちゃんこさえた 晩飯とこれさえあれば 天下だぜ

◇ 故郷の香り

田舎のおふくろ 達者かな腰をかがめて 歩く姿目に浮かぶたまには電話して 何か話しておくれもうずいぶんと古くなった 縁側でベルの音待っている いまか今かと
タイトルとURLをコピーしました